金沢に住む理系大学院生が運営するブログです。読んだ本、行った場所、買ったものの記録。

【旅行記】新日本海フェリー「すずらん」にて敦賀から北海道までの旅を楽しむ。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。

ご覧いただきありがとうございます!こんにちは!!金沢で学生をしています、あまねです(^^)

みなさんはフェリーに乗ったことはありますか?
最近は飛行機も安くなってきたのであまりフェリーを使うことも少ないのではないでしょうか?

今回、僕は金沢から北海道へ旅行するのに初めてフェリーに乗ってみました。

金沢から北海道へ自分で立てた1週間5万円の格安旅行プランで旅行してきた

今回はその様子を書きたいと思います。

新日本海フェリー「すずらん」

今回僕が乗船したのは、新日本海フェリーの「すいせん」です。

乗船プランは、最も安いツーリストAというプラン。
乗る前は、個室ないのかな?
とか、
きっと奴隷船みたいに輸送されるぞ

とか、多少の不安がありました。

いざ、乗船

そしていざ乗船します。

夜の敦賀東港から船に乗り込むと、、、。
なんと、思っていた以上に快適です!!

船内はこんな感じで、少し高級な旅館みたいですよね。
僕らのツーリストAは一番下のフロアで、だんだんグレードが上がると上階になっていきます。
ツーリストAも、個人のブースがあり、カプセルホテルみたいな印象。

かつ、2人ずつペアで寝台がセットされているので、向かいは知り合いということで全然快適でした。

新日本海フェリー「すずらん」の魅力

恐る恐る乗り込んだフェリーですが、とても楽しい旅になりました。
その魅力を紹介します。

露天風呂

フェリーにはなんと露天風呂がありました。
プラン関係なく、誰でも利用可能です。
混んでいるとなかなかゆっくりもできないのですが、僕らが利用したのは9月頭の日曜日ということで、敦賀から苫小牧へ向かう人はあまりいませんでした。

ゆっくり海を見ながらお風呂に入れます。
ちなみに、隣には同じく無料のサウナも。

レストラン、カフェなどが充実

僕らはてっきりフェリーに乗ったら全然ご飯とか食べられないと思い込んでいました。
しかし、それは大きな間違い。
フェリーにはレストラン、カフェ、売店が充実です。

お値段は少し高め(昼食1,000円くらい)ですが、朝、昼、晩と3食楽しめます。
その他にも、カップラーメンの自販機、アイスの自販機、飲み物の自販機があったり、お湯は無料でした。

食べるものに関しては全然心配しなくてよかったです。

飽きさせない仕組みがたくさん

フェリー内では乗客を飽きさせないイベントがたくさんありました。
船内を巡ってクイズに答えるツアーや、ビンゴ大会などで景品がもらえたり。
1便2回の映画上映があったり(多少マイナーだったり、古めの映画でしたが)。
ピアノ演奏なんてものもあって、「なんて優雅な!」と驚いたりもしました。

海の眺めが良い。

僕らは行きが快晴で、それはそれは眺めがよかったです。

どこまでも青い海、海風を感じる、なんていうのはフェリーならではですよね。

まとめ

このように、思っていた以上にフェリーでの旅を楽しむことができました。
総じて楽しかったです。

ただ一つ注意する点としては、Wifiがなく、圏外が多かったのでインターネットは使えません。
これが不便であると考えるか、それともオフラインになれるいい機会と捉えるかは、皆さん次第です。

時間は20時間とかかってしまいますが、もしよろしければ利用してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。
スポンサーリンク




スポンサーリンク




Copyright© AMALOG , 2018 All Rights Reserved.