金沢に住む多動な学生が運営するブログです!大学生活を有意義に過ごすにはどうすればいいか?を発信していきます!

クライアント・サーバシステムとは?

2019/01/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。

ご覧頂きありがとうございます!

情報系学生の、あまね(isaka122)です!

先日、「クライアント・サーバーシステム」という言葉を目にしました。
今日はそんなクライアント・サーバーシステムについて調べてみたことを書いてみます。

クライアント・サーバーシステムとは?

簡単に言うと、コンピュータを2種類に分けています。

サービスを要求する側のクライアントと、サービスを提供する側のサーバーです。

サーバープログラムをあらかじめサーバーの上で起動させておくことで、クライアントからのリクエストに応じたサービスを提供します。

3層クライアント・サーバーシステムとは?

さらに、3層クライアント・サーバシステムというものが存在します。

何が3層かというと、

1,ユーザーに対して入出力を提示するプレゼンテーション層

2,データの加工を行うファンクション層

3,データベースへアクセスを行うデータ層

です。

このうち、プレゼンテーション層はクライアントのWebブラウザなどにありますが、

ファンクション層はアプリケーション・サーバーとデータ層はデータベースサーバにあります。

このように、機能が分離したアーキテクチャのことなのです。

まとめ

以上、クライアント・サーバーシステムに関してのまとめでした。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。
スポンサーリンク




スポンサーリンク




Copyright© AMALOG , 2019 All Rights Reserved.