金沢に住む多動な学生が運営するブログです。行ってよかった場所、読んで良かった本、学生生活でやってよかったことを日々書いています。

やりたいこと・したいことがわからないという大学生に僕が伝えたいこと、おすすめの本

2018/11/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。

ご覧いただきありがとうございます!
こんにちは!!金沢で学生をしています、あまねです(^^)

突然ですが、みなさんには今「やりたいこと」がありますか?
僕はよく後輩などの大学生から相談を受けることが多いのですが、その中で多いものが、「やりたいことがわからない」というものです。

これ、たぶんみんな悩んでしまっているんじゃないかと思うんです。
でも、これ、本当の問題は「やりたいことがわからない」ことじゃなくて「やりたいことがわからないことに悩んでしまっていること」だと思うんです。

どういうことなのか?
詳しく見ていきますね!

「やりたいことがわからない」という悩みの本質

よく、「やりたいことがわからないんです」という相談を受けます。
一般には、大学3年生の夏を過ぎてそろそろ就活という時期に自分の将来を考えて悩んでいる人が多いみたいです。

ひたすら自己分析などをして、自分の将来やりたいことって何だろうって考えているんですよね。
でも、「自分のやりたいことが見つからない」のは別に問題ではありません。

むしろこの場合問題なのは「自分のやりたいことって何だろう?」って考えてあれこれ悩み、貴重な大学生活を無駄にしてしまっていることなんです。

自分のやりたいことがはっきり見えていて、そこに向かってまっすぐキラキラ進んでいる人ってとても輝いて見えますよね?
「自分もああなりたい」そう思って焦る人もいるのかもしれません。

でも、自分が輝くために「やりたいこと」は本当に必要なことなんでしょうか?
やりたいことがなくても、ちょっと行動すれば自分もそんなふうに輝いて活躍できるかもしれないです。
でも、悩んでいるだけでは輝くことはできません。

だから、この場合、悩んでしまって行動がストップしてしまっていることが問題なんですね。

やりたいことは考えていても見つからない

そもそも考えていてもやりたいことは見つかりません。
だって、もし考えてやりたいことが見つかるなら、もうあなたはやりたいことを見つけているはずです!笑

でも、それだけ考えてやりたいことが見つかっていないなら、その先にきっと答えはないですよ!
じゃあ、どうするのか?
動いてみるのがいいと思います。

きっと、やりたいことがわからないで悩んでいる状態って、目の前に無数の料理があって、それを見た目や匂いだけで「どれが好きか」決めなさい、そういう状態に近いと思います。
言い返しちゃってください、「そんなの食べてみないとわからないです!!」って。

だったら、答えは簡単、全部食べてみれば良いんです。
そしてそのための絶好の期間が大学生活だと思います。

ちょっとずつ食べているうちに、自分がどんな味が好みなのか、苦手なのか、だんだんと見えてくるものがあると思います。

やりたいことなんて無くてもいいじゃないか?

そもそも、やりたいことなんてある必要あるんでしょうか?
一体、自分が何のためにやりたいことを必要としているのか考えて見てほしいとおもいます。
以外と、

  • 他人と比較して
  • 持っていると安心だから
  • 就活で話すため

みたいな理由かもしれません。

でも、結局やりたいことを見つけなきゃいけない理由なんてないはずです。
だから、大丈夫ですよ!

やりたいことを見つけるための参考書籍

さて、最後にやりたいことが見つからないという人に向けておすすめの本を紹介します。

まず最初は『人生ドラクエ化マニュアル』です。

JUNZO著『人生ドラクエ化マニュアル』を読んだ感想。人生をゲーム化すれば面白くなる!

続いて紹介したいのは中村文昭さんの本。

【書評】生き方、働き方を考えるおすすめの本!『履歴書には書けへんけどじつは一番大事なのは人間力や!』

最後、ホリエモンの『多動力』を紹介します!

堀江貴文著『多動力』からの学び。飽き性だったり、全部やりたい人におすすめの本

 まとめ

とりあえず、何よりも行動です!

動いているうちに、きっと見えてくるものがあると思います!
ときには考えるのも大事ですが、どんどん行動してみてください!!

応援しています!

この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。
スポンサーリンク




スポンサーリンク




Copyright© AMALOG , 2018 All Rights Reserved.