金沢に住む多動な学生が運営するブログです!大学生活を有意義に過ごすにはどうすればいいか?を発信していきます!

macOS High Sierraでユーザー名を変更して管理者権限を消してしまった時にアカウントを復旧をする方法!rm /var/db/.AppleSetupDone: No such file or directoryへの対処も!

2018/12/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。

先日、古いMacを取り出してクリーンインストール、High Sierraを入れました。

ところが初期設定でユーザー名を誤って入力しており、変更を試みたんです。
が、名前を変更しただけでなぜか管理者権限が失われ、通常ユーザーになってしまいました。

ふたたび管理者権限を付与するにも管理者権限が必要、というデッドロックにハマったので今回はその復旧方法について書いていきたいと思います。

 

1. まずはシングルユーザーモードを用いて起動

まずは「シングルユーザーモード」を用いて」Macを起動します。

Command+Rを押しながらMacを起動する。
もはやおなじみになってしまったリカバリーモード。

そして上のメニューからコマンドプロンプトを起動します。

そこで、

mount -uw /

rm /var/db/.AppleSetupDone

reboot

このコマンドを入力します。
これで解決すればOK。

ところが、
rm /var/db/.AppleSetupDone: No such file or directory

僕はだと怒られました。

rm /var/db/.AppleSetupDone: No such file or directoryへの対処

こちらの記事を参考にして、ディレクトリを移動させます。

具体的には

cd /Volumes

ls -l (This will show all volumes)

cd Macintosh\ HD

cd var/db

ls -la (You should now see a .AppleSetupDone file)

rm .AppleSetupDone

こんな感じです。
あとは

rebootすれば再起動されます。

初期設定画面に

あとは初期設定画面が出るので、新規にアカウントを登録します。
これは管理者アカウントになっているので、このアカウントを使用すればあとは諸々も処理ができますね!

この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。
スポンサーリンク




スポンサーリンク




Copyright© AMALOG , 2018 All Rights Reserved.