金沢に住む多動な学生が運営するブログです!大学生活を有意義に過ごすにはどうすればいいか?を発信していきます!

【旅行記】世界遺産「白川郷」に行ってきた!所要時間やアクセスなどを紹介します!

2018/11/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。

ご覧いただきありがとうございます!
こんにちは!!金沢で学生をしています、あまね(@isaka122)です

岐阜県の石川県側にある、世界文化遺産の白川郷。
教科書などに載っていたりして、一度は行ってみたい場所の一つですよね。

僕も大学に入り、中学校の教科書でみた合掌造りを観に行くべく、白川郷へ行ってみました!

白川郷とは?

白川郷とは、岐阜県大野郡白川村の荻町地区にある集落のことです。
合掌造りの建物が数多く残り、今でもそこで人々の生活が営まれています。
それが評価され、1976年に重要伝統的建造物群保存地区として選定され、さらに1995年には五箇山(富山県)と共に白川郷・五箇山の合掌造り集落として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

白川郷へのアクセスは?飛騨高山より高速道路で。

僕はそれまで飛騨高山にいたので、そこからのアクセスを紹介します。

高速道路は使わずに、下道で行きました。
国道41号線 と 越中西街道/国道360号線 を乗り継いで、だいたい1時間半くらいです。

12月末ということで雪が降っていましたが、そこまで積もっているわけでもなく、大丈夫でした。
しかし、冬が深まり雪がかなり積もると大変かと思いますので、注意してください。

他にも東京からだと以下のようなアクセス方法があります。

【電車&バスでアクセス】
まず、東海道新幹線を利用してJR名古屋駅へ。
バスで白川郷まで移動するか、JRで名古屋駅から高山駅まで行ってからバスで白川郷まで移動してください。
所要時間は5時間弱です。
【車でアクセス】
東京から東名高速を利用するルートなら約6時間、中央自動車から長野道を利用するルートなら約5時間半で来ることできます。

詳しいアクセスは白川郷役場HPでご確認ください。

白川郷へ行くときの服装は?

僕が行った時は12月末でしたが、かなり雪が降っていまして、寒かったです。

冬の白川郷にいくならば、防寒対策をしっかりする必要があります。
ダウンなどの防寒着にマフラー・帽子・手袋は必須です。

ヒートテックから傘・レインコートなどあればバッチリかと思います。

天候が悪いと大変

晴れていればとても楽しい白川郷のはずですが、雪や雨が降っているとなかなか大変です。

それでもやはり風情はありますね。

これが有名な合掌造り。
今でも人が住んでいるというので驚きです。

ライトアップやお店もあります

僕が行ったのは夕方の4時ごろになっていたので、お店も閉まり始め、あまり楽しむことができませんでした。

ちゃんと観光するのであれば、午前中からしっかり観光するのがいいと思います!
寒い中暖かい飛騨牛まんやあまいお団子を食べることができますよ!

また、冬の夜にはライトアップをする日もあるようです。
しっかり防寒対策と、雪道対策をして訪れてみてください!

まとめ

白川郷へ行ってきました。
天気と時間帯があまり良くなくて十分に楽しめたかと言われれば微妙ですが、それでもやはり生の合掌造りは風情があります!

ぜひ訪れてみてください!

白川郷観光協会【しらかわごうかんこうきょうかい】
Web:http://shirakawa-go.gr.jp/
住所:岐阜県大野郡白川村荻町1086 白川郷バスターミナル内

この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。
スポンサーリンク




スポンサーリンク




Copyright© AMALOG , 2018 All Rights Reserved.