知床八景「オシンコシンの滝」に行ってみた。2つの滝に感動!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。

ご覧いただきありがとうございます!
こんにちは!!金沢で学生をしています、あまねです(^^)

今回は北海道の旅の記事です。
旅の全貌はこちらより。

金沢から北海道へ自分で立てた1週間5万円の格安旅行プランで旅行してきた

さて、今回紹介するのは北海道知床半島の名所の1つであるオシンコシンの滝。
金沢に住む僕は全然聞いたこともありませんでした。
ですが、知床八景ということで「これは行ってみよう!」と行ってみました。

オシンコシンの滝を知る

僕らががオシンコシンの滝を知ったのは、前日カムイワッカ湯の滝へ向かう途中でした。
道の途中に、オシンコシンの滝の標識があったのです。

その時は「また後日寄ろう」ということでスキップ。
その後、あの滝が知床八景の1つであることを知ります。

外からはわからないその迫力

オシンコシンの滝は道から少し入っていったところにあるんです。
それゆえ、道路からはその姿を全部見ることができません。

外から見ると、「ちょっと大きな滝がある」くらいの印象でした。

いざ、オシンコシンの滝へ

ところが、いざオシンコシンの滝へ行ってみると、、、。

まず、階段が思いっきり濡れています。
オシンコシンの滝の勢いがすごすぎて飛沫が雨のようになっているんです。
そのせいで、当然気温も低く感じられます。
階段をのぼるごとに、どんどん肌寒くなっていきました。

そしてついにオシンコシンの滝との対面です。

こんな風に、2つの支流があります。
左の方が流れが弱い滝。右が強い滝です。

この右の威力が強いんですよね。

滝壺からはうっすらと虹も見えます。

このスケール感、規模感はまさに知床八景です。

まとめ

オシンコシンの滝、外から見るとあまりわかりませんが、実際とても大きくて迫力のある滝でした。
ここも、知床へ行ったなら行っておきたいポイントだと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。
スポンサーリンク




スポンサーリンク




Copyright© AMALOG , 2018 All Rights Reserved.