知床のカムイワッカ湯の滝にて超自然体験をする

旅行記

ご覧いただきありがとうございます!
こんにちは!!金沢で学生をしています、あまねです(^^)

さて、今回も北海道へ旅をした記事の続きです。
全貌はこちら。

金沢から北海道へ自分で立てた1週間5万円の格安旅行プランで旅行してきた
ご覧いただきありがとうございます! こんにちは!!金沢で学生をしています、あまねです(^^) 一度は行ってみたい北海道。 僕もずっと行ってみたいと思っていました。 でも、北海道なんてどうやって行けばいいのかわからないんです。 ...

今回僕らが訪れたのは「カムイワッカ湯の滝」です。
知床八景の1つでもあるとても有名な場所。
僕たちは事前情報を何も入れずに行ったのですが、控えめに言ってとてもすごかったので紹介したいと思います。

カムイワッカ湯の滝へGO

僕らが宿を取ったのは網走でした。
網走の民宿ランプを出発し、知床まで向かいます。
知床半島の根本まで車で1時間ほどでしょうか。

それから知床半島の西側を車で北上していきます。

車もなく、右手にはオホーツク海。
最高の運転環境です。

途中、同じく知床八景のオシンコシンの滝やオロンコ岩が見えますが、今はまず最北端を目指します。
ちなみに、僕らは車で本当の知床の北端まで行けるのかと思っていたのですが、道路がなく、そこまでは船か歩きでしかいけないようです。

そして車を走らせることさらに1時間程度、途中から舗装されていない砂利道を進み、ようやくカムイワッカ湯の滝へ溶着です。

天然すぎるカムイワッカ湯の滝

カムイワッカ湯の滝はまさに自然の中にある滝。
滝というよりも、渓流という表現が近いかもしれません。

あまり大きな滝がバン!!
とあるわけでなくて、森のなかから水が流れてきています。

å

さらに、この水は弱酸性であり、少し温かいんですね。
つまり、入ることができるんです。

まだ人の手が入っていない自然から流れてくる温泉ですよ、温泉。
実際、くぼみに入って入浴している人もいました。(そこまで温かくないだろ、と個人的に思ったりしましたが。)

ここまで自然の水に入れるなんて、なかなかない経験をしました。
しかも反対側にはオホーツクの海が顔をのぞかせている・・・。

ビーチサンダルなどがある人は持ってくるといいと思います。
近くの知床五湖ではこのカムイワッカ湯の滝に入るためのゴム付きの靴下も販売していましたよ。
また、川の端を歩くよりも流れの中を歩いた方が滑りにくいです。

まとめ

砂利道の運転は大変でしたが、人の手の入っていない森の中で、滝に入るという本州でもなかなかにできない貴重な体験をすることができました。

知床まで来たのなら、ぜひ行ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました