金沢に住む理系大学院生が運営するブログです。読んだ本、行った場所、買ったものの記録。

【旅行記】飛騨大鍾乳洞に行ってみた!アクセスや所要時間など!

2018/11/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。

ご覧いただきありがとうございます!
こんにちは!!金沢で学生をしています、あまね(@isaka122)です!

奥飛騨の有名スポットとして飛騨大鍾乳洞というものがあるのをご存知でしょうか?
僕はこの旅の時まで全然しらなかったのですが、今回行ってみたのでその結果を書きたいと思います!

僕が行ったのは年末で、人は全然おらず、ものすごく寒かったです!
所要時間は1時間くらいかかり、料金は1,100円でした!

ものすごく大きな鍾乳洞だったので初めて行った僕としては十分楽しめました!

飛騨大鍾乳洞とは?

飛騨大鍾乳洞は飛騨高山と奥飛騨温泉郷の間にある大きな鍾乳洞です。
標高は900mというものすごく高い位置にあり、全長約800mにも及びます。

つまり、高くて長い鍾乳洞です!

隣に大橋記念館という、大橋さんが集めたコレクションを見ることができました。

夏は涼しいということですが、僕が行ったのは真冬だったので、ものすごく寒かったです、、、。

飛騨大鍾乳洞へのアクセス

僕は下呂温泉に宿泊して、車で1時間半くらいかかりました。

バス等はあまりなさそうなので、行くなら車がいいと思います。
「でも、どうしてもバスがいい!」
そんな人はこちらを御覧ください。送迎バスもあるみたいです。

飛騨大鍾乳洞の中身

飛騨大鍾乳洞へ行くにはまず隣の大橋コレクション館に入ります。
この鍾乳洞を発見した大橋外吉(故人)という人が世界中から集めたコレクションが3階くらいに渡って展示されています。

撮影禁止とのことなので写真はありません。

そして、ついに鍾乳洞へ入ります。

 色んな光でライトアップされていたので「天然の鍾乳洞」という感じはあまりしませんでした。

ところどころに名前が入っています。

足元が濡れていたりしてけっこう滑ります。

そして、外へ出るとこの感じです!

標高900mだけあって、つららが見事!
そして、めっちゃ寒い!

夏場はいいですが、冬場はちゃんと防寒対策をしてくださいね!

まとめ

飛騨大滝鍾乳洞を紹介しました!
ライトアップがあったり、コレクション感があったりと、鍾乳洞だけじゃなくてなかなかおもしろかったです!
興味があればぜひ訪れてみてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。
スポンサーリンク




スポンサーリンク




Copyright© AMALOG , 2018 All Rights Reserved.