金沢に住む多動な学生が運営するブログです!大学生活を有意義に過ごすにはどうすればいいか?を発信していきます!

SONY a7II とHELIOS 44-2を合わせたらコスパよくフルサイズを楽しめている話

2018/11/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。

ご覧いただきありがとうございます!
こんにちは!!大学に入ってから本格的にカメラをはじめました、あまね(@isaka122)です!

みなさんはどんなカメラを使っていますか?

スマホ?デジカメ?それとも一眼レフ?

だんだんと値段も上がってきますよね。
僕も、a7iiというカメラを買ったのですが、本体も高ければレンズも高い。

でも、a7iiには「オールドレンズ」というレンズが使えるんです。
今日は僕が使っているオールドレンズを紹介します。

1. SONY a7 II のレンズは高い

僕は大学に入ってからカメラを始めました。
スマホからコンデジを買い、それからミラーレスカメラを購入します。
そしてついに等々、フルサイズミラーレスであるSONY a7IIというカメラを購入します。

ところがここまで本格的なカメラになると、本体もいい値段。
本体につけるレンズもだいぶ高くなり、下手すれば本体よりも高い、なんてこともあるわけです。

「せっかくいいカメラを買ったのになあ」

と嘆いていました。

2. オールドレンズというものがある

しかし、世の中にはオールドレンズというものがあります。

オールドレンズとは、昔の「フィルムカメラ用のレンズ」のことです。

昔のレンズのため、価格が安い!という大きな魅力があります。
さらに、今のレンズではできないような表現ができるのも特徴です。

一方でデジカメ用のレンズとは違い、オートフォーカスができないという点がデメリットとしてあります。

3. コンバーターをつければ使える

なぜそんなオールドレンズの話をするのか?

それは実はフルサイズのカメラであればコンバーターを噛ませればオールドレンズを使用することができるからなんです!

僕が実際に使用しているコンバーターはこちら。

 

4. HELIOS 44-2を買ってみた!

そして、a7 II につけるオールドレンズとして、HELIOS 44-2というものを選んでみました。

このレンズの特徴としては

  • 標準画角50mmである
  • 中古の価格が1万以内と安い
  • 流通量が多い
  • 玉ボケが魅力

これらが挙がります!
新品でなく、中古で購入しました!
ウクライナから国際便で送ってもらいました。

こんな経験は初めてです。

 

 

5. まとめ

結果、今でもメインとしてこのオールドレンズを使用しています。
レンズを買うお金がないというもの大きな理由ですが、それでも十分にフルサイズの力を活かした十分な写真が撮れています!

撮った写真は僕のポートフォリオサイトからご覧いただけます!

安くていい写真が撮れるオールドレンズ。
ぜひ、試してみてはいかがでしょうか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。
スポンサーリンク




スポンサーリンク




Copyright© AMALOG , 2018 All Rights Reserved.