金沢に住む多動な学生が運営するブログです!大学生活を有意義に過ごすにはどうすればいいか?を発信していきます!

周りの目が気になる!そんな僕が周りの目を気にしなくなった方法5選とおすすめの本を紹介します!

2018/11/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。

ご覧いただきありがとうございます!
こんにちは!!金沢で学生をしています、あまねです(^^)

突然ですが、みなさんは、周りの目を気にする方ですか?

「人目を気にしてしまう」

これ、結構多くの人が持ってる悩みみたいです。
僕自身も、昔は周りの目を気にして動けないタイプでした。
「こんなこと言ったらどう思われるんだろう・・・」とか、「こんなことして怒られるんじゃないかな・・・」とか考えてしまって思っていることを言えなかったり、我慢することが多かったです。
でも、最近はそれが少し変わって、わりと動けるようになってきたんです。

そこで今回は昔の僕のように「本当は色々動きたいけど、周りの目が気になって動けない」そんな風に思っている人へ、僕が試した5つのことを紹介します!

では、本文です。

嫌われてもいい!と思い切ってやってみる

まずはこれです。
まあ、「最初からこれができれば苦労しないよ!」って話なんですが。笑

でも安心してください。
思い切るための勇気をくれるおすすめの本があります。

そんな時、僕は一冊の本と出会います。
それは、岡本太郎さんの『自分の中に毒を持て』という本です。

岡本太郎著『自分の中に毒を持て』を読んでの感想。自分らしく生きていくこと。

この本を読んで、僕は「僕自身って何だろう?」と考えるようになりました。
「周りの目を気にして、自分を殺して生きていて楽しいのだろうか?」と。

そして、少し意識して「自分とはこういう人間です!」と伝えてみることにしたのです。
例えば「今こんなことしてます!」っていうのをFacebookに投稿してみたり、知り合いに「こんなのやってるんだけど、興味ある?」ってLINEを送ったりしてみました。

これをしてみることで、意外なことに思っていたほど他人から否定されたりすることはありませんでした。
LINEを送るのなら指先1つでできますよね。

そして一度心のブレーキを外すと、意外とその後はスムーズに進めます。
「嫌われてもいい!」と思ってちょっと自分を表現してみてはいかがでしょうか?

自分の行動を認めてくれる人との出会う

先ほどのようにFacebookを送ったり、あるいは口頭で自分の性格や興味を出していくと、それを認めてくれる人が現れました。
例えばブログを書いていることを言うと、

「すごいね!」とか、
「面白い!応援する!」とか言ってくれる人たちです。

僕の場合、周りの目を気にする理由というのが、「周りの人全てから嫌われて孤立すること」だったんです。
だから、僕を認めてくれる人がいると、その不安がなくなるんですよね。
これによって、「あとはもう嫌われてもいいや!」とどんどん動けたり、主張したりできるようになりました。

いくつかのコミュニティに身を置く

他にも自分を認めてくれる人と出会うための方法として、「いくつかのコミュニティに所属する」というものがあります。
僕は以前ラグビー部とアカペラサークルの掛け持ちをしていました。
2つのコミュニティに所属することで、もしコミュニティ内で嫌われたときの「逃げ場」があったのです。
以前読んだアダム・グラント博士の『ORIGINALS』という本の中でも同様のことが書かれていました。

あえて「拠り所」を作ることで、その場所の人を気にしすぎることなく行動できますね。

怒られても失うものを考えてみる

これはある先輩から言われたことなのです。
僕が「そんなことして怒られたらどうするんですか!」と言うと、
先輩から「もし怒られたら謝ればいいじゃん。謝るだけで済むなら安いもんだよ。」
と言われたんです。

僕はこれにはっとしました。
それまでは、「怒られること=ダメなこと」だと勝手に思い込んでいたんですね。
でも、怒られる自体は別に失敗ではないんです。
でも、この先輩からの言葉をきっかけに、怒られてもそれをきっかけに改善すればいいんだと気づいたのです。

もちろん、怒られた時は今でも凹みますが、それでも「まあいっか」と流せるようになりました。

自分の人生を生きようと決める

最後です。
きっかけは、堀江貴文さんの『多動力』でした。
この本の中に次の一節が出てきます。

他人の目を気にするのをやめないと、自分の時間は生きられない

これを読んで僕は当たり前のことに気付きました。
「もしも僕がやりたいことがあっても、他人の目を気にしてそれを我慢すると、僕はしたいことができずに終わってしまうんだ。」と。

そして、「他人には好かれるけど自分がしたいことを我慢する生き方」と、「他人には嫌われても自分のしたいことをできている生き方」を比べた時に、僕は後者の方がいいなと思ったのです。

それから、「他人がどう思うか」とりも「自分がどうしたいか」を考えて行動するようにしました。

まとめ

以上が、僕が他人の目を気にしなくなった理由です。
とはいえ、僕もまだまだ気にしてしまう部分があります。

ですが、前よりは格段に自分の人生を生きています。
他人の目を気にして動けない、そんな風に思っている人は、まずは考え方を少しづつ変えていけばいいんだと思います!
そして考え方を変える方法として僕がおすすめするのは読書です。
今回も本を紹介していますので、ぜひ読んでみてください。

少し考え方を変えて、伸び伸びと自分の人生を生きられることを願っています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。
スポンサーリンク




スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© AMALOG , 2018 All Rights Reserved.