金沢に住む多動な学生が運営するブログです!大学生活を有意義に過ごすにはどうすればいいか?を発信していきます!

NewsPicksMagazine vol.2を読んでみたらめちゃめちゃおすすめだったので紹介します!

2018/11/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。

ご覧いただきありがとうございます!
こんにちは!!NewsPicks学割会員の、あまね(@isaka122)です!

みなさんはNewsPicksというサービスをご存知ですか?
オンラインの経済誌で、ネット上にある経済の情報を集めてくれています。

公式サイトはこちらです。

さて、もともとオンラインで始まったこのNewsPicksなのですが、今年に入ってからNewsPicks Magazineという雑誌を発売しています。
創刊号は「どうせ大したことないだろ・・・」とスルーしたのですが、第2刊がスルーできないくらい面白そうだったので買ってしまったのです。

「NewsPicks Magazine」とは?vol.2の内容は?

「NewsPicks Magazine」とは、NewsPicksが幻冬舎より1年に4回発行する雑誌のことです。
NewsPicksでよく登場する人たちへのインタビューや、最近のビジネス事情を語るためには外せない特集などが組まれています。

そして、今回僕がスルーできなかったNewsPicks Magazine vol.2 Autumnの内容は、何だったのか。
それは、特集「ニューエリートの必読書500」でした。

最初は『人生の勝算』でおなじみSHOWROOMの社長前田裕二さんのインタビュー。
彼がこれまでの人生でどんな本と出会ってきたか、どんな風に本を読んでいるかといった内容が書かれています。

そしてそこから始まります、怒涛のおすすめ本500冊。

テクノロジー・生命科学・経済学・シェアリングエコノミー・マーケティング・人事、HR・統計学・ファイナンス・経営・日本経済史・英語・法律・アート・クリエイティブ・文学・SF・教育

と、これだけの分野の専門家たちが選んだ本をピックアップ。
さらに追撃をかけるようにビル・ゲイツを始めとした海外のVIPたちが選んだ本も紹介されています。

最後には、思考法と習慣に関する特集が組まれていました。

「NewsPicks Magazine」を読んだ感想

とにかく内容が濃かったと思います!
これだけの内容が詰まって1,000円ちょっとは正直安い。

本好きな僕から言わせてもらえば、これだけの本の紹介にはものすごく価値があると思います。
しかも、雑誌なのでカラー印刷。

本といえば、装丁とかも気になりますが、それがフルカラーで紹介されているのは珍しいんじゃないでしょうか!
さらに、今をかけるトップランナーたちのおすすめの本ということで、きっとどれもいい本である可能性が高いです。

これは読むしかありません。

まとめ

僕は、この1冊を手にとってからめちゃめちゃ読書欲が湧きました。笑

ぜひ、読んでみてください!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。
スポンサーリンク




スポンサーリンク




Copyright© AMALOG , 2018 All Rights Reserved.