金沢に住む理系大学院生が運営するブログです。読んだ本、行った場所、買ったものの記録。

エッジコンピューティングとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。

ご覧いただきありがとうございます!
こんにちは!!金沢で学生をしています、あまね(@isaka122)です!

今日は「エッジコンピューティング」について勉強したことをまとめてみました!

エッジコンピューティングとは?

エッジコンピューティングとは、データを送信する端末の近くにサーバーを置き、データ処理してから送信する技術のことです。

従来は、データをそのままクラウドなどに送って、送った後にデータを処理をすることが多かったのです。
通信されるデータが少ないときはこの方法で良いのです。

しかし、今、IoTや通信端末の増加で通信されるデータ量が増えています。

全ての端末がデータをそのままネットワークに流してしまうと、ネットワークが混雑してしまったり、クラウドに負荷がかかってしまいます。

それならば、送信する前に処理して、通信したりクラウドで処理するデータをなるべく少ないものにしよう!
というのがエッジコンピューティングの考え方です。

また、5Gで使われているネットワークスライシングの考え方に基づけば、エッジでデータの種類を判別して、帯域を選択することで通信に使うネットワークを選ぶこともできますね。

まとめ

縁(エッジ)でできる処理は全てしてしまって、クラウドの処理を高速化する、それがエッジコンピューティングなのでした。

参考文献・サイト

https://cloud.nifty.com/navi/tech/edge_computing.htm

https://www.keyence.co.jp/ss/general/iot-glossary/edge-computing.jsp

https://www.huawei.com/jp/about-huawei/publications/huawave/25/HW25_Perspectives

この記事を書いている人 - WRITER -
金沢の地でWEB技術を勉強中。 世界をもっと面白くする。
スポンサーリンク




スポンサーリンク




Copyright© AMALOG , 2019 All Rights Reserved.